ニキーチンの知育遊び

今、よく聞く言葉で、「知育玩具」と言う言葉がある。
さて、“知育”とは、一体何なんだろうか?
そのヒントになる1冊です。

ニキーチンの知育遊び

ロシアのニキーチン夫妻は、
7人の子どもたちを育てる中で、
考えた知育遊びが書かれています。

モンテリッソーの型合わせとかも書かれています。

知育玩具って言葉をよく聞くんですけど、

私自身が感じることは、
本当に“知育玩具”があるのであれば、
それで遊んだ人、
全員ノーベル賞とっているんじゃないだろうか?

と言うこと。

まぁ、言うなれば、売るために作られた言葉ってことです(笑)

とはいえ、遊びの中で才能や能力を伸ばすことは、できます!

おもちゃを与えるだけじゃダメなんですね!

大人が遊びの中で果たす役割が、
実は重要だったりします。

目次にも書かれています!

正直な話、ここに書かれている遊びが
全ての子どもに合うわけではないです。

ただ、色々な角度から書かれているので、
1つくらい興味持ってくれるかもしれない。。。

ここに書かれていない遊びであっても、
大人としての関わり方って、そんなに変わりません。

子どもたちの才能を引き伸ばしたいって思っている方に
ぜひ読んでもらいたい1冊です。

2,100円+消費税

※2020年7月1日時点での価格となります。価格が変動する場合がございます。

ご購入は、TOIQUEオンラインショップにて