ヒントをいいます

子どもにとって、説明することって
かなり難しいですよね。
モノについては、知っているし、見たことあるけど、
誰かに伝えようとすると、なかなかうまく説明できない。
ヒントを出すことを楽しみます!

ヒントをいいます

中に入っているのは、カードが3種類

・おだいカード 35枚
・マークカード 4枚
・おたすけカード 1枚

カード裏面に書いてあるので、わかりやすいです!

おだいカードには、4つのマークと4つの絵が書かれています。

マークカードには、それぞれ、違うマークが書かれています。

おたすけカードには、ヒントの出し方について書かれています。

おだいカードをよく混ぜて、山札にします。
そして、ヒントを出す人が1枚カードを引いて
他の人には見られないように、書いてある絵を確認します!

ヒントを出す人じゃない人が、
マークカードを1枚選んでめくります。
このマークにところに書かれている絵について
ヒントを出していきます。

下の写真だと、バッタです!

ヒントを出す人は、いう前に
「ヒントをだします!」と言ってから
ヒントを言っていきます。

例えば・・・
「ヒントを出します。緑色の虫で、ピョンピョン飛びます。」

という感じです。

わかったら、答えます。

そして、あっていたら、「せいかい!」って言いましょう!

1,500円+消費税

※2020年7月1日時点での価格となります。価格が変動する場合がございます。

ご購入は、TOIQUEオンラインショップにて