コーテックス1 ブレインチャレンジ

本当に、色々なアナログゲームがある。
そんな色々なゲームがごっちゃ混ぜになった感じ。
得意不得意が、出てくるのが、また面白い。

コーテックス1 ブレインチャレンジ

脳みそが描かれていますが、
本当に、脳みそが疲れます・・・。

なぜかというと、8種類のパターンの問題があるのですが
全て傾向がちょっと異なる。
一筋縄では行かないという事・・・

・テストカード 74枚
・チャレンジカード(両面指紋のカード) 6枚
・タッチカード(片面指紋のカード) 10枚
・ブレインジグソーパズル 4ピース×6セット

正解したら、カードをもらえます。
同じアイコンの書かれたカードを2枚あつめられると、
ブレインジグソーパズルの1ピースと交換する事ができます。
タッチチャレンジの場合には、正解で、1ピースもらえます。

最初に、脳みそを作った人が勝ちです。

ただし、正解して受け取れる、手持ちのカードの枚数は4枚まで!
4枚を超えた場合には、超えた分のカードを山札に戻します。

指紋のカード以外は、
カードがめくられた瞬間に、誰でも答える事ができます!

じゃぁ、どんな種類があるの?
ですよね・・・

8種類の問題があります。
左上から横に順番に説明していきますね。

(1)頭がパカっと空いているマーク・・・記憶
覚えた人は、カードを叩いて、カードを手で隠した状態で、
カードに書かれた5つのアイテムをいいます。
下の写真だと、鍵、メガネ、イカリ、電話、地球儀

(2)頭の中に、歯車が描かれているマーク・・・推論
どの形が、上の図形にぴったりはまるか?
下の写真だと、Bですね

(3)人が向かい合っているマーク・・・重複
重複したイラストはどれか?色違うみたいw
下の写真だと、クマかな

(4)頭の中に、カラフルの脳みそ描かれているマーク・・・色
色と一致している言葉はどれか?
下の写真だと、オレンジ

(5)波形のマーク・・・数
なぜ、波形かわからないけど、カードに一番多くある「数」はどれか?
下の写真だと、2かな

(6)指紋のマーク・・・タッチチャレンジ
前のカードを獲得したプレイヤーのみチャレンジできます。
10枚のタッチカードから1枚選び、10秒間だけ触って、当てます。

(7)手のひらと数字が描かれているマーク・・・反射神経
右手が赤、左手が青で描かれています。そして、親指が〜小指が5。
カードで描かれている指示通りに触りながら、反対の手でカードを叩きます。
下の絵だと、左手の薬指で、左目を触って、カードを叩く!

(8)迷路が描かれているマーク・・・迷路
そのままです。矢印からスタートして、ゴールする場所。
下の写真であれば、B

タッチチャレンジは、
2枚続けて出た場合には、
2枚目のカードは、山に戻します。

やる前に、10種類、何があるか確認してから、
やることをオススメします。
ヒントないと難しいから・・・

こんな感じで、立体的になっています。
いや、難しい〜!

2,250円+消費税

※2020年7月1日時点での価格となります。価格が変動する場合がございます。

ご購入は、TOIQUEオンラインショップにて