なつのたからもの

今年の夏は、いつもと違いますが・・・
夏といえば、色々な思い出ができる季節でもありますね。
そんな夏の思い出のワンシーンを切り取った絵が印象的。
ライナー・クニツィアの「ノミのサーカス」のリメイク版

なつのたからもの

カードを集めて得点を競うゲームです。

カードは
・たからものカード 80枚(10種類×8枚)
・アクションカード 9枚(3種類×3枚)

たからものカードは、0〜7の数字が1枚ずつです。

アクションカードは、3種類。
左から・・・

・おねだり
このカードを引いたら、誰かを選び、カード1枚もらいます。
選ばれた人は、手持ちを見て、好きなものを渡します。
もらったカードは、全体に見せてから手札に加えます。

・ひきぬき
このカードを引いたら、誰かを選び、相手の手札から
ババ抜きのように1枚カードを引きます。
もらったカードは、全体に見せてから手札に加えます。

・はっけん
このカードを引いたら、山から、カードを1枚ずつめくって列に並べます。
列に同じ色のカードが出たら、めくるのをやめて、
最後にめくったカードを捨てます。
そして、好きなカードを1枚もらいます。
ただし、途中で他のアクションカードが出たら、「はっけん」は中止し、
他のアクションを実行します。

ゲームは、山札が、なくなるか、
誰かが、10種類のたからものカードを集められて宣言したら、ゲーム終了です。
(宣言せずに、ゲームを継続しても大丈夫です)

カードをよく混ぜて、山札にして準備完了です。

順番を決めて、自分の番がきたら、カードを1枚めくり
山札の横に、並べていきます。

続けて、カードをめくっても大丈夫です。

もし、めくらずに、手番を終わらせる場合には、
今、列に並んでいるカードの中から1枚もらって、手番終了です。
この場合は、5のカブトムシをもらう形になります。

こんな形で、3枚めくったとしたら、
この3枚のうち1枚、好きなものをもらえます。

しかし、めくって、同じ色のカードが出たら、
最後にめくったカードを捨てます。
山札の反対側に、カード捨て場を作って、そこに捨てます。

そして、手番は、終了です。
カードはもらえません!!

カードを捨てる場合には、絵が見えるようにして、
表にして捨てます。

そのようにして、ゲームを進めていきます。

手札に、同じ数字のカードが3枚集まったら、
自分の前に出すことができます。

3枚セット1つで、+10点になります

この場合、+20点になります。

ゲーム終了時、手札の得点は、
それぞれのカードの色(絵)に対して、
一番大きな数字のカードに書かれている数字が得点になります。

手が書かれているカードは、3と0です。なので、3点。

朝顔が書かれているカードは、6と4です。なので、6点

合計して20点になります。

ちなみに、10種のカードが集まって、宣言して終了した場合には、
ゲームを終了させた人のみ、+10点ボーナス点がもらえます。
他の人が10種のカードを持っていても、ボーナス得点はもらえません。

シンプルなルールなのですが、
カード運もありますが、
どのカードをもらうかの判断が重要になります。

1,400円+消費税

※2020年7月1日時点での価格となります。価格が変動する場合がございます。

ご購入は、TOIQUEオンラインショップにて