パンデミック:新たなる試練

まさか、パンデミックと言う言葉が身近に起こるとはです。
そのパンデミックをモチーフにしたゲーム。
協力して、パンデミックを抑えるために、
各自がそれぞれの役割を全うしていきます。

パンデミック:新たなる試練

ゲームは、ちょっと複雑になります。

2〜4人で、それぞれ、役割が異なります。
全員で協力して、4種類の病原体の治療薬を作ります。

時間は、ありません。
様々な都市が、アウトブレイクの危機にさらされています!

中に入っているものは、

・役割カード 7枚
・プレイヤーコマ 7個(色は、役割カードに対応)
・プレイヤーカード 59枚
(都市カード48枚、エピデミックカード6枚、イベントカード5枚)
・参照カード 4枚
・感染カード 48枚
・病原体コマ 96個(4色 各24個)
・治療薬マーカー 4個
・アウトブレイクマーカー・感染率マーカー 各1個
・調査基地コマ 6個
・ゲームボード 1枚

役割カードは、7種類。
それぞれで、できることが異なります。

プレイヤーコマの色は、カードの色と一緒です。

移動をスムーズにしてくれる、通信指令員
調査基地を作る時に活躍できる、作戦エキスパート
感染者の治療に甚大な力を発揮する、衛生兵
治療薬を作る時に力を発揮する、科学者
ギリギリのところでアウトブレイクを抑える、検疫官
情報を的確・迅速に伝え渡すことができる、研究員
危険を回避するための行動ができる、危機管理官

と言う7人の役割があります。
このカードをよく混ぜて、カードを配られます。
ランダムに、自分の役割が決まります。

ゲームの終了は、
・治療薬が4種類できたら、皆さんの勝ちです!
・アウトブレイクが8回起こってしまったら、負けです。
・病原体コマのストックがなくなり、置けなくなった時、負けです。
・プレイヤーカードの山が足りなくなった時、負けです。

瓶のマークのところに、4つのコマが置けるとゲーム終了!

治療薬を作ってから、
病原体コマを全て取り除けると・・・
撲滅したことになります。

治療薬コマをひっくり返し、マークが入っている方を表にします。

下の写真だと、
黄・青は、治療薬ができた。
黒は、撲滅できた。(ボードに黒い病原体コマは0個である)

全てのパーツを配置していきます。

プレイヤーカードは、エピデミックカードを除いた状態で、
よく混ぜて、1人に、2〜4枚ずつ配ります。(人数によって異なります。)

配り終わったら、エピデミックカードが均等になるように
カードの山に入れてから、よく混ぜます。
エピデミックカードの枚数で、難易度を変更できます。

プレイヤーコマは、アトランタに、全員配置します。
調査基地コマも1つ配置します。

ここまで、ほぼ、準備完了!

病原体コマを配置します。

まず、感染カードを3枚めくります。
出た都市に、病原体コマを3個ずつ配置します。

配置する病原体コマは、カードの色と同じ色のものです。

そして、次に、また3枚カードをめくります。
次の3都市には、病原体コマを2つずつ。

最後に、また3枚カードをめくります。
その3都市に、病原体コマを1つずつ配置します。

引いたカードは、捨てカード置き場に置いていきます。
ここまでできると準備完了!

自分の番がきたら、4つのアクションを選んで行うことができます!
組み合わせ方は、自由です。
【移動】4パターン、【その他】4パターン

【移動】
・自動車または飛行機で移動。白い線でつながっている隣接している都市へ移動
・直行便による移動。都市カードを1枚捨てて、その都市に移動する。
・チャーター便による移動。今いる都市カードを捨てて、好きな所へ移動
・シャトル便による移動。調査基地にいる場合、他の調査基地へ移動できる

【その他】
・調査基地の設置。手札から、今いる都市カードを捨てて、調査基地を設置できる。
・感染者の治療。今いる都市の病原体コマを1つ取り除くことができる。
※治療薬ができている場合には、その都市にあるその色の病原体コマを全て取り除くことができる。
・知識の共有。同じ都市にいる相手に、その都市のカードを、渡す(もらう)ことができる。
・治療薬の発見。調査基地のある都市で、同じ色の都市カードを5枚捨て札にすることで、治療薬を発見することができる。

4つの行動が終わったら、プレイヤーカードを2枚引きます。
エピデミックカードがあったら、即実行です!

(1)感染率が、上がります。マーカーを1つ動かします。
(2)感染カードの山札の一番下のカードを1枚引きます。その都市に、病原体コマを3つおきます。
(3)捨て札にある感染カードを伏せてよく混ぜて、感染カードの山札の上におきます。

ちなみに、各都市の病原体コマは、同じ色は、3個しか置けない。
4個になった場合には、アウトブレイクが起きる。

各自の行動が終わったら、感染カードが2〜4枚めくられて、
病原体コマが配置される。

この枚数は、感染カード下の感染率表で決まります。

アウトブレイクが起きると、
ボード左下のアウトブレイクコマが、1つずつ動いていく。


各自が、どうやって動くのかを考えて動かしていく。

今回の状況だと、
ソウルに病原体コマが3つ、隣の北京に、1つ。
アトランタから、そんなに遠くない。
であれば、まずは、ソウルの病原体を1つでも、取り除きたい。

と言うことで、ソウルで、まずは、移動4回で、たどり着いた。
次のターンで、取り除くことができるな・・・と。

手札の上限があります。
7枚を超えていた場合には、捨て札にするか、
イベントカードを実行してください。

イベントカードがありますが、
説明は、カードに書いてあります。
イベントカードは、局面をすくっていれるチャンスをくれます。
使うタイミングよく見極めて使ってください。

4,000円+消費税

※2020年1月1日時点での価格となります。価格が変動する場合がございます

ご購入は、TOIQUEオンラインショップにて