Category Archives: フランス

PYLOS ピロス

pylos
ピラミッドの頂点を取り合うゲーム、ピロス。
そう書くと簡単そうに見えるのですが、
このゲーム、ルールがちょっと複雑。
でも、理解できるとなかなか楽しい。
交互に自分の球を盤上においていきます。
もし、一度置いた球が、今置いてある階層よりも高いところに
移動できるばあには、手持ちの球を置く代わりに、
盤上の球を上に移動することができます。
そして、置くときには出来るだけ、自分の色の球4つで四角を作るようにします。
四角ができると、今、盤上にある自分の色の球を1~2個手元に戻すことができます。
そうやって、できるだけ手元の球を相手よりもたくさん残すようにして
最後に頂上に自分の球を置けるように駆け引きをしていきます。
1~2回ゲームをしてもらうと、よくわかります!
PYLOS 6,480円(6,000円+税)
PYLOS mini 3,672円(3,400円+税)

QUARTO クアルト

quarto
ギガミックのゲームの中で一番人気、QUARTO(クアルト)。
一言でいえば、四目並べ。
でも、ルールがイレギュラーなのです。
コマが、16個あるのですが、同じものが一つもありません。
四目並べなので、4つ直線で並べればよいのですが、どうそろえるか?
それは、4つに共通することを見つけるのです。
色(白/黒)、高さ(高/低)、穴(有/無)、形(四角/丸)の8パターン。
そして、このゲームの最大の特徴が、
16個の中から好きなコマを選んだら、相手に渡して、相手が盤に置くのです。
つまり、負けるときには、全て自分の責任!
引き分けの確立は、かなり低いです。
少しでも油断したら、負けます。
QUARTO(ギガミック/フランス) 6,480円(6,000円+税)
QUARTO mini(ギガミック/フランス)3,672円(3,400円+税)

QUIXO クイキシオ

quixo
色々なゲームがありますが、
意外とインテリア性の高いゲームって少ないんですよね。
その中でも、インテリア性の高いゲームを
たくさん作っているのがフランスのギガミック社。
見た目だけでなく、大人受けするゲームが多いです。
その中からQUIXO(クイキシオ)というゲーム。
一言で言うなら、誰もが遊んだことがある○×ゲーム。
ただ、5つ揃えるのです。
全てマークを伏せた状態から始めます。
外周にあるもの、マークのないコマを選んで、自分のマークに変えます。
この時に、取った場所に戻すのではなくて、その場所を埋めるように、
3方(もしくは2方)から他のコマを押し込んで盤に戻します。
周りに、マークのないコマがなくなってしまったら、
自分のマークのコマを取って、同じように押し込みながら盤に戻します。
うっかり見落としてしまうと、負けてしまう。
よーく全体を観察しながら進めていきます。
やりながらの方が、ルールは理解しやすいです。
QUIXO(ギガミック/フランス)6,480円(6,000円+税)
QUIXO mini(ギガミック/フランス) 3,672円(3,400円+税)