Category Archives: 日本

花あわせ Hana-Awase

花札って、賭け事のための作られたのではなくて、
自然を愛する日本人の心をもとに、貴族の遊びとして
江戸時代中期に生まれたそうです。

 

この花合わせは、その花札をベースに作られている神経衰弱。
実は、この商品の企画は、
当店で、度々講師として登場しているクレーブラットの畑さん。
良くお会いするので、色々とお話を聞いていて、
かなり色々なこだわりが詰まった一品。

 

絵柄のデザインは、積み木デザイナーとして有名な相沢康夫氏。
日本最古の花札をベースにデザインを起こされたそうです。

 

使用されている色は、和色。
和色というと、イメージしにくかと思いますが、
日本に昔からある色で、ものすごくたくさんの色があります。
私は、昔、色彩検定をとるために、和色についても少し勉強したのです。
例えば、茶色。
利休茶、胡桃色とか、なかなか聞きなれない色が沢山あります。
どの色を見ても微妙に違っていて、昔の日本人の繊細さが伝わってきます。
そんな和色を使用しているので、
とても温かみのある色合いです。

 

厚みも、2㎜とかなり厚め。
裁断にも工夫されていたりと。
サイズも正方形のように見えて、長方形だったりと・・・
色紙の比率(100:89)になっているそうです。

 

そして、この商品は、支援者を募って作られているのですが、
支援金額に応じて、お返しがあったそうなのですが、
なんと、カード自体に、隠し文字で、
支援者のお名前があったりするそうです。

 

説明書は、日本語、英語、ドイツ語、フランス語で書かれています。
海外の方へのお土産に、喜ばれるの間違いなし!

 

絵柄は、1月から12月までの12種類。
文字が入ったものが1枚、絵柄だけのものが2枚の計3枚。
合計で、36枚です。

 

ちなみに、本日(2015年9月22日)発売です。

 

花合わせ 2,500円+税 →ご購入はコチラで。

2015-09-22 11.14.15 (640x640)

2015-09-22 11.15.17 (640x640)

2015-09-22 11.16.08 (640x640)

けん玉たまご

けん玉たまご、簡単そうに見えてなかなか難しいパズル。
結構昔から、販売されていて、1997年にグッドトイにも選ばれている商品。
レベル1〜5まであり、1でもなかなか難しい。
クリアできると、タマゴが直立するという、素晴らしいバランス!

 

レベル1は、中央のくぼみに球を乗せる。
レベル2は、レベル1よりも中央が高い。
レベル3は、中央に、3つの小さなくぼみに小さな球を3つ乗せて、その上に、大きな球を乗せる。
レベル4は、中央の山にある2つの頂上に、2つの球を乗せる。
レベル5は、中央に、3つの球を乗せる(入れる)。

 

1〜3は、1時間くらいで、なんとかクリアしました。
4は、あともう少し!(じゃないかな)というのが数回。もう悔しい!!
5は、まだまだ時間がかかるなぁ〜。

 

やっていると、どんどん、全身に力が入って、力みすぎているのをわかる。
そういうときは、ちょっと力を抜いて、やると良い方向に行く。

 

シンプルで、簡単そうなのに、出来ないのがくやしい。
ちょっとしたプレゼントにも喜ばれそう!

 

子供から、大人まで楽しめるけど、特に大人が向きになってやってしまう!
けん玉たまご 各1,200円+税
オンラインショップでも扱い始めました。
5個セットだと送料無料です。

egg egg3-1 egg4-1 egg5-1

鼠の板渡り

web_mouse
「鼠の板渡り」というおもちゃを聞いたことがある方は、
ほとんどいないと思います。
これは、大阪の郷土玩具らしいのですが、
本当に知られていないおもちゃでした。
私は、知り合いのコレクターの方から、
現存するおもちゃを見せて頂いた時に
ものすごく感動して、欲しいと思いました。
しかし、郷土玩具としても、ほぼ流通していないので、諦めておりました。
ちょうど知り合いのおもちゃ作家さんとお会いした時に、
作れないか相談しました。
そして、昨年のARTOY展で工房SUSUの久保さんが発表してくださり、
販売することになりました!

 

本体を傾けるとネズミがカタカタと動きます。
端まで進んだら、本体をひっくり返して傾けると、
また動き出します。この動作を続けることで
ずーっとネズミは動き続けます。
とても楽しく、子どもから大人まで夢中になれるおもちゃです!

 

実は、昨年の夏くらいから、ひっそりと販売させて頂いておりましたが
このたび、グッドトイ2015として選定されました!

 

完全手作りのため、入荷個数が限られております。
オンラインショップで、販売をさせて頂きます。→コチラ

 

品切れの場合には、予約も出来ますので、
お問い合わせフォームより、ご連絡をお願い致します。
2015-06-13 14.29.27

メモ帳

memo
メモ帳ですが、メモのできないメモ帳です。
こちらも、からくり箱になっています。
岡裕之氏の作品です。
なかなか遊び心のある作品で、メモ帳らしい(?)開け方です。
岡さんは、最近は、秘密箱を中心に作られているようで
このようなからくり箱は、作られていないみたいです。
電話の横に置いておきたくなるからくり箱です。
メモ帳 25,920円(24,000円+税)

リボン箱

ribon_box
置物に見えますが、これ、からくり箱なんです。
何かをやると、どこかが開くのです。
こちらは、からくり創作研究会の亀井明夫氏の作品。
見た目は、かわいいのですが、かなり手強い。
というのは、動く場所が、少ないので、
ヒントになるものも少ないのです。
カフェをやっていた時に、ノーヒントで開けたお客様が数人のみ。
そして、ほとんどのお客様が開けられずに苦戦していました。
このような箱の場合には、
自分が開けても楽しいけれども、開けられるようになったら
誰かお友達にあけてもらうととっても面白いですよ!
ヒントを出すのもなかなか難しいですし。
そんな遊び方もできる箱です。
リボン箱 12,960円(12,000円+税)

忍者 -ninja-

ninja
名前が、素敵な積み木。
人の形をした積み木、忍者。
色々な積み方ができるのです。
しかも、積んだ形を見てみると
まるで、忍者たちが組体操をしているみたいで、面白い。
もちろん、立てて並べて、ドミノ倒しならぬ忍者倒しもできる。
単純に頭の上に重ねていくだけでも、
なかなかバランスが難しいので、みんなで競争してもよい。
あそべば遊ぶほど、愛着が出てくる積み木。
机に置いておいても、かわいい。
大人も子供もついつい夢中になってしまう積木です。
忍者(12ピース) 4,104円(3,800円+税)
忍者(36ピース) 10,260円(9,500円+税)

ペンギン爆弾

penguin_bomb
カミカラという
紙で作るからくりおもちゃがあります。
これが色々とあって、楽しい!
その中でも一番人気のペンギン爆弾。
名前の通り、爆弾のような動き。みんな笑顔になりますよ!
A4の紙3枚と輪ゴム2本から1体が出来上がるのです。
とはいうものの、作るのはなかなか大変です。
特に、このペンギン爆弾は、カミカラの中でも難しい方なのです。
大体、1~2時間かかります。出来た時の達成感がたまらない。
写真のように、たくさん作るとなると数日かかります。
目打ちが必要と書いてありますが、
先の尖ったものであれば、千枚通しとかでもOKです。

ペンギン爆弾(カミカラ/日本) 600円(税込)